2017年07月17日

キメてきました

キミに

というわけでポケモンを観てきた次第であります

ネタバレ注意だぞ!














































さて

5回くらい泣きそうになりました

もう開始10分でアアアってなってたよね

例のオニスズメのシーンです

オニスズメに石ぶつけたときもうこの件やるのかはえーよとか思ったんですけどね

もう雨が降りだしたら俺の目にも雨ですよ

あとはヒトカゲ関連とかバイバイバタフリーとか思い出が強いシーンの再現がやばかったです





一番印象に残ったのが

まずはこれを見ていただきたい



昨日のラティを観ながらのツイートです

さてソウジの幼少期シーンです

レントラーがね、凍死してるんですよね

まさか本当にやるとは……

やってほしいとは言ったけどメインキャラのトラウマとしてしっかりがっつり描写するとは思わなかったよ

まだまだポケモンはいけるぜ



それとマーシャドー

途中まで中立かと思ってたらただのラスボスでしたね

しかも周囲の野生ポケモンを操るタイプ

ミュウツーを思い出すな……

ピカチュウとの戦闘で七星奪魂腿を使ってきてわろた

フーパで野生メガシンカ、ボルケニオンで強制メガシンカときて今回は野生Zワザですか

ディアンシーはユリーカが持ってたのがメガストーンっぽかったのでセーフ



さてラストシーンです

俺にはちょっとよくわからなかったですね

なんでサトシはラティオスと似たような消え方したんですかね……

もしかしてピカチュウの心象世界とか?

ピカチュウがボールから出てサトシの帽子を被った状態になったとき1000まんボルトやってくれるかと思ったけど結局最後までやらなかったよ

それっぽい電撃はあったけどそれがそうなのかはわからない



こんなもんかな

あとは細かいところ

冒頭のバトルシーンが完全に初代でわろた

カメックスのれいとうビームとかゲンガーのナイトヘッドとか

れいとうビームでこおり状態になってどうにもならないから戻すのとかも最高に初代

あとピカチュウとケンカしたサトシが夢の中で学校に行ってたのはなかなかくるものがあった

アローラで学校行ってるから新鮮味があまりなかったのはもったいなかったと思う

「オーキド先生!」と担任キクコでクッソワロタ

オーキドせんせいはいかんでしょ

あとはソウジとマコトか

あまり癖のない仲間って感じで安心して観ていられた

揃ってシンオウ出身なのにはどんな意味が……

ゲームの最初の町出身のマコト、出身地のジムリーダーとパートナーポケモンが同じソウジ

これはDPリメイク何かありますね……

とか言うけどだいたいそんなことはないのがポケモンってやつなんだ俺は詳しいんだ

ということで期待せずにまずはUSMを待つ!



以上です

個人的には「7割初代リスペクト、3割いつのもポケモン映画」と感じました

ポケモン映画としてはかなり好きな部類に入るけどあの伝説達の中に入れるにはちょーっと別枠かなーと

というわけでド派手じゃないポケモン映画もこれから増やしていってほしいと思いました

隔年周期でやってほしい

しかしまさか2017年に再び首藤氏の名前を見られる日が来るとはなあ

「一部脚本」ってあったから初代リスペクト部分だろうけど

それでもしっかり名前が載ってたことに感動した

よかった






そういえば来年の予告が文字だけだったけど何やるんだろう

USMで新伝説出す?

それともネクロズマとUB周りやる? 確かに映画映えしそうだけど

わからん……
posted by 猫田大和 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451884465
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック